佐野陽子ゼミナール同窓会

ご報告

2016/6/11 第11回 佐野ゼミ同窓会総会(於:慶應義塾大学三田キャンパス)が無事終了しました。

第11回佐野陽子ゼミナール同窓会総会・懇親会が、6月11日(土)に慶應義塾大学三田キャンパスにて開催されました。おかげさまで当日は80名近いご参加をいただき、ここ数年で一番の参加者数でした。ありがとうございます。
詳しくは「フォトアルバム」をご覧ください。

来年は、2期、7期、12期、17期、22期の方々に同窓会総会の運営をお願いしております。

写真をもっと見る  ご報告一覧に戻る 【総会資料】 会計報告

●第11回 総会・懇親会 運営委員日記

運営委員長:野瀬正宏、杉本裕昭(21期)
運営委員:江原晴郎、小林雅和(1期)、千々岩正明(6期)、富永邦夫(11期)
特別応援:砂川信行副代表・常任委員(2期)

昨年の第10回同窓会総会が終わった翌月の2015年7月から、私たち運営委員は第11回総会の準備にあたりました。打ち合わせはほぼ毎月、全7回にわたって、毎回、人形町の居酒屋「大市」で杯を重ねながら同窓会の企画・運営について、あれこれと議論を重ねました。

同窓会当日ですが、肝心の天気は梅雨の合間の晴れ模様。30℃近い暑さでしたが、お天気も開催に味方してくれました。 今年も例年通り、唐木千暁さん(2期)から豪華な生花をいただき、総会・懇親会に華やかさを添えることができましたことを、この場を借りて御礼申し上げます。

今回は、4年ぶりの三田キャンパスでの同窓会ということで趣向を凝らし、総会前に「三田キャンパスツアー」を開催いたしました。14:30には30名近いツアー希望者が集まり、旧・萬來舎や演説館等を見て回りました。
「三田キャンパスを歩くなんて、何十年ぶり」「在学中でも、行ったことない」
いろいろな思いを馳せながら、参加者の皆さん一人ひとりが青春時代に戻っていたかのようでした。ツアーガイドをお手伝いいただいた、田中滋代表幹事(1期)、宮坂敦子さん(12期)、慶應義塾職員の土田平和さん、ありがとうございました。

ツアー後は、西校舎519番教室にて15:30から通常の総会。冒頭は田中代表幹事(1期)の開会挨拶。その後、堀郁夫さん(4期)による議案承認・会計報告と続きました。無事、議案は承認され、第2部へ。

第2部の講演会は、広島銀行代表取締役頭取の池田晃治さん(7期)に「地域と共に歩む銀行を目指して」というテーマにてお話をいただきました。
卒業後、広島銀行に入行して以来、バンカーの道を歩み続けてきた池田さん。2012年に頭取に就任し、2015年度ベストバンカー賞(金融ジャーナル社)を受賞しています。広島銀行の歴史、概要、経営戦略、地方銀行の再編、マイナス金利導入が与える影響まで、幅広い内容をご講演いただきました。
続いて、佐野陽子先生からご挨拶とご講評。大教室で軽妙に語る元気なお姿を見て、参加者は講義を受けていた学生時代にタイムスリップできたのではないでしょうか。

17:00からは懇親会。佐野ゼミ同窓会初の「山食」にて開催いたしました。最も遠方の鹿児島県からご参加された若松隆博さん(9期)の乾杯挨拶で、待ちに待った宴がスタートしました。
乾杯後はしばしご歓談。80名近い参加者が山食に一同終結すると、熱気は相当なものでした。同期同士、先輩・後輩が談笑の輪を広げ、はじめからトップギアに入ったかのような盛況ぶりでした。
続いて、小林雅和さん(1期)、砂川信行さん(2期)による「佐野ゼミ同窓会の歴史」発表。これまで10回にわたって開催してきた同窓会の歴史を振り返ってみました。周囲の皆様は歓談で盛り上がっていながらも、時折スライドを見て、過去の同窓会を懐かしんでいる様子でした。

その後は司会進行を杉本裕昭さん、梶野紀子さん(21期)にバトンタッチし、「一言インタビュー」を実施。参加者をランダムに選び、自己紹介と近況報告をしてもらう企画でした。参加者が次々と自己紹介するたびに歓声があがり、大いに盛り上がりました。

宴もいよいよクライマックス。毎回恒例の、期ごとに佐野先生を囲んでの記念撮影を行いました。毎年、総会・懇親会の様子を撮影いただき、HPにアップしていただいている砂川信行さん(2期)に、今回もご活躍いただきました。この場を借りて御礼を申し上げます。

記念撮影後は、佐野先生によるご挨拶。皆さん、このお言葉を聞きたかったのではないでしょうか。軽快なトークで簡潔にまとめたご挨拶に、参加者全員、瞳を輝かせていました。

その後は次年度幹事指名。次回の同窓会で幹事を務める2期、7期、12期、17期、22期の出席者が集まり、記念撮影を行いました。

ラストは恒例の慶應義塾第一応援歌「若き血」「慶應賛歌」を、應援指導部OBの松田和明さん(3期)、野口公二さん(10期)の指揮の下、全員で肩を組んで斉唱。最後はやっぱり、この曲がないと終われませんよね。

参加賞として、人気の「山食カレー」レトルトパックをプレゼント。ボルテージ絶頂のまま、懇親会は幕を閉じました。

佐野先生をはじめ、運営に関してご指導・ご協力いただいた皆様、当日ご参加いただいたOB・OGの皆様、本当にありがとうございました。また来年も、佐野先生のお元気なお姿とともに、ゼミ同窓生の笑顔と歓声の中で総会・懇親会が開催されることを祈念して、報告を終わります。

(文責 第11回同窓会運営委員 21期 野瀬正宏)