佐野陽子ゼミナール同窓会

佐野先生からのメッセージ

●ドバイの悩みは人材育成というが

2009年11月23日

ドバイは世界一、外国人の比率が高い都市。人口は、金融危機下でも増えて170万人程度。だが、いまやナショナル(国民)の比率は20%を切り、当局の不安をつのらせている。ナショナルは、公務員や大企業など安定雇用に集中し、優秀な外国人を管理監督する立場。一部のナショナルは留学経験があるものの、全部が能力ありとは限らないのでナショナルの人材育成が焦眉の急と言われている。

ある日本人女性が勤務する銀行でも、一定割合をナショナルで埋めねばならないから何人も働いているが、仕事力が間に合わず常に彼女をいらいらさせている。ところが昨年の大晦日、彼女が隣国サウジアラビアの砂漠に行きたいと言っていたらカウントダウン・キャンプを計画してくれたそうだ。

ドバイから車で、夜の国境をGPS頼りにこっそり越えた。砂丘を2時間も走ってテントを張る場所を探し、手早くテントを張って準備万端。彼らは、月や太陽や星の位置や砂丘の地形を見る力、さらにテント捌きも抜群。さすがベドウィン(遊牧民族)のDNAを受け継いでいると感心。

用意が整うと、誰言うともなく、彼らは声を発してお祈りを始めた。いつもはお祈りもしないし酒も飲むのに新年だからかと後で聞いたら、ガザのパレスチナ人のために祈ったという。当時のイスラエルによるガザ空爆に対して、西側諸国にくみするドバイでも抗議デモが起こっていた。大砂丘にアラビア語の美しい祈りの声が響き、風の音に消えて行ったそうだ。その後は、新月の光の下で飲み明かし、語り明かしたという話。

 

 

●世襲制って時代後れ?

2009年4月29日

日本とは付き合いの浅い中東などへ、お客として行ったとします。初めて会った挨拶の中に、「天皇はお元気ですか」と尋ねられて面食らうことがあるそうです。「ええ、まあ」とか答えておくとします。すると帰りに、「天皇によろしく」と言われるとか。海外から日本を見たときに、名前もろくに知らない総理大臣によろしくとは言わないでしょう。でも、天皇や皇后はよく知られているのです。

ドバイの経済発展は、ハブ港湾やハブ空港から人工島まで、1971年の建国のころより当時の首長の頭に画かれていました。 いまはそれから3代は経ていますが、その計画は見事に受け継がれ、いまや1人当たりGDPは日本を超え先進国以上の水準。この繁栄がもたらされたのは、世襲によるリーダーたちの継承なくしてはありえなかったでしょう。

国づくりや地域おこしは、何代も重ねて実るものが少なくありません。世界中の会社を見たときに、社長のほとんどは世襲です。世襲は、文化や思想を永く伝えようとする人の願いから起こったもの。一概に、いいとか悪いとか決めてもらっては困ります。

 

●年頭にあたってー知の交歓のすすめー

2009年1月1日

昨年は、なんといっても経済面で波乱万丈の年でした。個人も企業も、何らかの被害を受けていると思います。でもこの損害は、誰に賠償してもらえるものでもありません。自分の身は自分で守る、ということを教えてくれました。

では守るためには、何をしたらいいのでしょうか。セキュリティといっても鍵をかけるのではなく、知恵を働かせるしか方法がありません。「ペンは剣より強し」、といいますが、福澤先生が上野の大砲の音を聞きながら芝の慶應義塾で経済の授業をしていたというのは、今で言えば、「言論はミサイルより強し」でしょうか。

同窓会会員は現在、626人。定期的にテーマを定めて、ホームページで意見を集めるのはどうでしょうか。例えば、金融危機や少子化などについて、皆さんの考えや新しい情報などをぜひ聞きたいものです。

 

●車の色はダカール・イェロー

2008年11月10日

私の車はBMW528iで、色は黄色。でもこの色はスポーツ用なので、特注によりドイツで塗ってもらったもの。もう20万キロも乗っているがメンテさえしていれば快調だから、ご機嫌で乗っている。日本ではよく、買い替えを勧められるが、私は実のところ、ほかに買いたい色がないのである。ポルシェやフェラーリはいい色があるが、女性のヘアスタイルでは乗りにくい。と、やせ我慢で言っている。

前の車は三菱ギャランで、黒の新車を買ってすぐに東砂の塗装工場へ持って行って、ポルシェのブルーベリー・レッドに塗ってもらおうとした。ところが、その色を麻布のショールームで私が覚えて行って、何回見本をチェックしてもその色が出ない。土台、日本の町工場では無理だったので、赤ピンク崩れで我慢したが、地球上で1台だけだと自負していた。

私は車の性能は二の次で、色にこだわっている。しかしこのごろは、日本ばかりか欧米でも鼠色系が多く、全く消費者の購買欲をそそらない。最近、車が売れないと聞くが、買いたくなる色を研究したらどうなのだろう。

●「はるかな空 流れてゆく雲」

2008年7月7日

これは、2002年に山上路夫が作詞、村井邦彦が作曲した「はるか」(嘉悦学園キャンパスソング)の冒頭の句です。この後、「はるかなものにあこがれて、私はどこまでも歩いてゆく」と続きます。

年齢を重ねることは、私にとって未知の世界です。つくづく思うことに、トシをとっても気持ちは変わらず若いときのままです。この歌詞は、若い人を対象に作られたものでしょうが、いつでも誰でもあてはまるのは不思議です。

一人でも多くの同窓生と会い、語らうことは、未知の世界をひろげること。
楽しみにしています。

 

●新しい季節を迎えて −失敗は、成功の母でもなければ父でもない−

2008年3月16日

4月は、桜の花とともに気持ちの衣替えをする季節です。家庭でも、学校でも、会社でも、何か区切りをつけるチャンスです。

新しい気持ち、それは過去との決別が含まれるでしょう。このごろ思うことに、「失敗は成功の母」ではない、ということです。失敗から学ぼうという人がいますが、それは効率の悪いことです。失敗の原因は、失敗した人にはたいていわかっています。それを反芻するのは自己満足だけ。早く忘れましょう。
成功するには、「成功のイメージ」を強く抱くことが大切だと思います。

 

●佐野陽子ゼミナール同窓会サイトのオープニングを祝って

2008年1月1日

應義塾大学商学部の佐野陽子ゼミナールは、1971年から1995年まで、25期にわたり、636名の卒業生を輩出しました。

2006年7月8日に三田で総会を開き、102名が参加し、「佐野陽子ゼミナール同窓会会則(三田会所属)」が認められ、正式の団体となりました。その目的は、会員相互の親睦と交流にありますが、とくに長寿社会では、いろいろなネットワークが人々の生活を豊かにします。この同窓会がITを駆使して、時間をあまりかけずに濃い交流ができ、ビジネスにも、学習にも、そしてもちろん遊びにも役に立てば嬉しいことです。

年頭にあたり、会員の皆さんとそのご家族のお幸せを祈ります。